どうなるか予想できないな」と思案した時は持っているポジション

-

-

実際にノートパソコンの前で、休むことなく上下動している為替相場を見ていると、注文をしなければならないという抑えようの無い感情に追い立てられる人も少なくないと思います。仕事 辞めたい アフィリエイト

だがしかし、あやふやな直感で注文するのだけは、絶対に避けてほしい。

知っての通り、マーケットは四六時中いつでもどこかの国で市場は関いているし市場も休みなく変化しています。

とは言っても、闇雲にトレードを重ねているとその回数分だけ損失が生じる危険が高くなってしまいます。

無論、売買の回数を積み重ねる事でだんだんと利益を上げられる確率が半々になっていくのは事実です。

しかしこの事は「漠然としたアイデアで注文」してしまうこととは話が異なります。

注文回数を積み重ねるという意味は、自分で「ここはいける」と考える感覚を持った場面でのトレード回数を重ねるという意味です。

ただ何となく、休む間もなく注文を重ねるのとは違います。

相場の戦いに勝利するためにはあなたが意識的にメリハリをつけることが大事です。

「ここがチャンス」と考えた相場の時にはいっそ持っているポジションを多くして、意識して儲けを狙います。

「だいぶ難解な外国為替市場で、どうなるか予想できないな」と思案した時は持っているポジションをひとつ残さず見切りをつけて何もしない。

それくらいのけじめをつけた方が、最終的には売り買いはうまくいきます。

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

文字通りその通りだと思います。

外国為替相場とは何も常にポジションを所有する事が大切ではなく、売買ポジションを保持せず待っている事も場合によっては、FXです。

じゃあ、どういう時に休むべきなのでしょうか。

第1に言われるのが前述の通り、直近の外国為替市場がしっかりと分からない時です。

ここからどうなるのか見通せない時は、何も考えず行動すると、自分自身の書いた脚本とは逆方向に外国為替市場が変動してしまい、損失を被ることになる。

こんなケースではポジションを整理して様子を見ているのがいいだろう。

次に、自分自身の体の具合が思わしくない時です。

健康状態とマーケットにつながりがない考える投資家もいますが大きく関係あります。

コンディションがすぐれなければ相場のミスできないところで必要不可欠な決定をする事ができない。

興味がわかない時は、トレードから遠ざかる事も大事な事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.gta-portal.com All Rights Reserved.