www.gta-portal.com

-

-

車の査定のポイントとして焦点を当てられるひとつに走行距離がまず考えられます。多くの場合走行距離は、その車の消費期限と考えられることもありますのでその車の走行距離が長ければ長いほど、売却額査定ではマイナス材料とされます。基本的には走行距離だけで見れば短ければ短いだけ愛車の査定額は高値になりますが、実際はそれほど細かい判断基準はなく定められた基準で査定額が決まります。こういったことは実際、中古車を買い取り専門業者に売買に出す際も重視される見積査定の留意点です。例えば普通車だと年間標準走行距離10000kmが基準として10000kmを超えているとたいていマイナス査定になるなどです。軽自動車だと、年間8000キロがまた年式が古い割に距離がとても短いとしても見積額が上がるというわけでもありません。実際にやってみるととてもよく感じられると思いますが車は適時走らせることによっても車両の状態を保ちますからあまりにも短い走行距離の自動車であれば、故障が起きやすいとも考えられることもあると思います。もちろん車の査定に関しても同じことです。一般的には年式・走行距離での査定の要点は年数にたいして程よい走行距離かどうかということです。また車の初年度登録からの経過年数も、自動車の買取査定の小さくないポイントです。しっかりと理解しているといった人が多数と考えていますが、年式は新しい方が査定には有利なのですが稀にですがそれに希少価値があるブランドは新しくない年式の車でも高値で見積してもらえる場合もあります。、同一もので同一の年式でもその年にマイナーチェンジ、モデルチェンジが発表されているものは当然その場合によって査定は変わってきます。同様の自動車の査定金額といっても状況により売却金額はその時々で変化してきます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.gta-portal.com All Rights Reserved.