www.gta-portal.com

-

-

愛車の買取査定の要点として重要視される点として走行距離が挙げられます。走行距離はその車の消費期限と見られる場合もありますので、その車の走行距離が長い分だけ、売却額査定にはマイナス要因になるでしょう。一般的には走行距離は少ない方が自動車売却額は増えますがあまり詳しいベースラインはないので、決められた目安で査定額が決まります。このような事は現実に自動車を中古車買い取り専門店に下取りする時も重要視される注意点です。例えば普通車では年間走行距離10000kmが基準としてこの線以上だとたいてい査定がマイナスとなります。軽自動車では、年間で8000kmがまた年式が古い割に距離が少ないという場合でも売却額が高額になるというわけでもありません。実際、実行するととてもよく分かりますが、中古車はある程度走らせることで車両のコンディションを維持できるものなので、距離を走っていない車の場合、破損のリスクが大きいとみなされることもあります。これは中古車を手放す際も同じだと言えます。通常は年式・走行距離での買取査定の留意点は年式と比べて適正な距離を走っているかということです。そして車の年式なども車の査定の重要な注意点のひとつです。十分と分かっているんだというかたがたくさんいるだと考えていますが、一般的には年式に関しては新しい方が査定では高評価が出やすいのですが、例外的にその年式の車に希少価値があるブランドは新しくない年式であってもプラス評価で査定してもらえることもあります。同様の種類で同じ年式の場合でもその年式の中でモデルチェンジや仕様変更などがあったケースは、当然それぞれの仕様次第で買取額は違ってきます。全く同じ中古車の査定金額というケースでも様々な要素で査定額は大きく相違があります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.gta-portal.com All Rights Reserved.